【リノベ現場リポート:福岡県春日市】
M様邸中古マンションフルリノベーション(Part2)

こんにちは!

 

前回に引き続き、春日市のM様邸フルリノベーション現場を

レポートしていきます!

 

M様邸フルリノベーション(Part1)はこちらから

 

本日は『工事の裏側編』

普段お客さまは見ることができない工事風景を一部ご紹介します!

 

取材をしたこの日は、床のフローリング工事を行っていました。

 

リビングの床には床暖房を入れて、

寒い冬でも春のような心地よい暖かさで、快適に過ごせる空間となっています♪

 

また、フローリングを貼り終えた後は、きれいな状態でお渡しできるように

隅から隅まで養生シートを敷いて、しっかりと保護していきます!

 

 

ここで、今回のテーマは『工事の裏側編』ですので

フローリングが貼りあがるまでの過程を、簡単にご紹介していきます!

 

<フローリング工事手順>

 

■採寸

*貼り始める位置を決め、部屋のサイズとフローリングの長さを測ります。

■カット

*採寸したフローリング材を1枚1枚手作業でカットしていきます。

 

(採寸風景)               (カット風景)

■清掃

*貼り付け前に下地とフローリングの間のごみやほこりを掃除し、

完成したフローリングが隅々まで水平になるようにします。

■貼り付け

*専用のボンドと首と釘、工具を使って、隙間ができないようにしっかり貼り付けます。

*フローリングの目地を交互に揃え、見栄えがよくなるように端から貼り付けていきます。

 

(貼り付け風景)

 

ここで、フローリング工事の豆知識!

フローリング材同士をきれいにつなぎ合わせるために「さね加工」がされており、

側面の凸部分を「オスさね」、凹部分を「メスさね」と言います。

 

(左:オスさね  右:メスさね)

 

このように、フローリング材の側面には凹凸加工がされており、

パズルのピースのように隙間なくつなぎ合わせることができます!

 

フローリングを貼る工事も全て大工さんの手作業で

一から行っているなんてびっくりですよね♪

隅々まで丁寧に施工されていることが印象的でした!

 

 

リノベ現場レポートでは、引き続きM様邸完成までの様子をご紹介していきます。

次回は、ついに『完成 Before/After編』です。お楽しみに!

 

 

お問い合わせCONTACT